脱毛の歴史と種類☆

更新日:2014 October 02

pixta_11223158_S

お元気ですか?! さやっぺです★

今日は、番外編的に、脱毛サロンでの光脱毛(フラッシュ脱毛)がこんなに広まる以前の

脱毛事情についてお話ししますね~。

1、 ニードル脱毛(針脱毛・電気脱毛)

一昔前に主流だった脱毛方法で、毛穴1つ1つに細い針を差し込み、その針に微弱な

電流を流し、毛根に電気の熱でダメージを与えることで、毛の再生を止めるという

脱毛方法です。想像しただけで、もう痛いです!
レーザー脱毛や光脱毛よりもとても細かい部分にも施術が可能なので、部位ごとに

併用して利用する方も今でもいます。

効果はもちろん高いのですが、無数にある毛穴1つずつに針を差し込むので、施術

時間が長く、強い痛みを伴い、肌のトラブルが生じることも多く、料金も高めではあ

ります。

2、 ワックス脱毛

ワックス脱毛とは、皮膚に専用のワックスを塗って、一気に剥がすことで毛根から

毛を抜く脱毛方法です。広範囲の毛を一気に抜きます。回数を重ねると毛が薄くなる

こともあるようですが、基本的にまた毛は再生します。脱毛よりも自己処理寄りです

ね~。イメージ的にはガムテープをすねに貼って一気にはがす感じに近いかもしれま

せん。

今ではこんなに脱毛サロンが広まって、手軽に脱毛できるようになって、ホントに

よかったわ~!

さやっぺでした★